渓流情報


渓流解禁間近か!

*令和2年2月18日

 めっきり春めいた季節になり。今年も渓流釣りの解禁日が間近かになりました。ここ数年、温暖化の影響で季節の進みが例年になくバラバラになっています。那珂川本流も、昨年の台風19号の増水で、流れが大きく変わり、例年のポイントは大きく変化してしまいました。本流は、まだ流れが定まらない状態でポイントの選定に苦労しそうです。2月に入って、水量は極端に少なくなり、田植えに時期には水不足は間違いなさそうです。川底はきれいになりましたが、その分、エサになる水生昆虫が少なくなっています。2月末には、例年町裏などにヤマメの放流がありますが、本年は漁協からの放流場所の開示がありませんので、ポイントは3月にならないと判らない状況です。写真は、那須方面、板室の那珂川の写真です。山の雪は例年と同じくらいの積雪ですので、解禁当初の入山は十分な注意が必要です。また里山には極端に雪がなく水量不足の状態です。

那須方面

板室百村山方面

板室グリーングリーン


グリーングリーン下流

*令和2年2月27日

 解禁間近になりましたが、今日は冬に逆戻り、那須・板室方面は雪、気温も5度止まりと真冬の様相です。放流の情報は入っていませんが、例年通りの予想が一般です。本流、支流を問わず水量が少なく、加えて今日は北風が強く、このままでは解禁は条件が悪そうな雰囲気です。例年の実績のある放流ポイントに釣り人が集中しそうです。写真は余笹川国道294号のムツミ橋、那須町黒田原の下川橋、余笹河川公園前の画像です。水量は極端に少ない状況です。

余笹川国道294号のムツミ橋

那須町黒田原の下川橋

余笹河川公園前

*令和2年2月29日

 いよいよ明日から解禁です。残念ながら本年は黒羽地区にはヤマメの放流はありませんでした。放流状況は那珂川北部漁協のHPを参考にしてください。写真は町裏と馬洗場のものです。

町裏

馬洗場

那須町黒田原上川(那須町スミングドームより上流)付近では異常渇水の状況です。短靴にて川を渡れ。ポイントも場荒れして、魚の姿はありません。連休前には地元漁協支部がヤマメの放流を行ったようですが、渇水の影響で魚影は全くありません。30分ほど毛ばりを振りましたが、反応ゼロ、増水待ちの状況です。(5月17日)